顔の産毛の生えている向きで剃り方が違う?

顔の産毛の生えている向きで剃り方が違う?

顔の産毛の生えている向きで剃り方が違うのは当然です。剃ることは、肌に少なからずダメージを与えますので、なるべくダメージのない方法で顔の産毛処理をしましょう。そのためには、向きを、一方向だけの剃り方をしていると、何度も同じ肌にカミソリをあてることになり、お肌のバリア機能をはがしてしまいます。

 

顔の産毛処理をする時には、剃る向きを毛の流れと同じように剃ることが一番良いそうです。普通は下から上についつい剃ってしまいがちですが、その向きで顔の産毛処理をすると、顔の産毛を上向きに引っ張り、皮膚の一部がカミソリで削られることになるそうです。

 

つまり、顔の産毛を剃る向きは毛が生えている方向に沿って剃ることが大切だそうです。ちなみに、あなたは自分の顔に生えている産毛やひげの処理方法はどのようにしていますか?

 

正しい知識をもたないままに、色々処理として触ってしまうと、顔なだけに、後日後悔することになりますので、しっかりと正しい知識を身につけましょう。どの程度ならこの処理方法、これなら医療脱毛の処理方法が適切か?というのは個人差があるため、自分で決めるか無料カウンセリングに行くしかないのですが、とりあえず方法としていくつかあげておきます。

 

まず顔の産毛を剃ることです。剃ること自体はあまり問題ないのですが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。そのためには、顔専用の電気シェーバーを使って、清潔な肌で剃ることです。お風呂あがりがベストタイミングです。そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使うことも視野に入れてください。これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。

 

毛を無理に引っ張って抜いていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまうということです。つまり、毛抜きは百害あって一利なしです。他にも弊害はたくさんありますので、毛抜きだけはやめておきましょう。

 

最後に、専門家に任せるという方法です。一番はやはり皮膚科の先生がいる医療脱毛でしょう。レーザー照射力も強く、麻酔もしてくれ、薬もくれて、万が一にもちゃんと対応してくれそうです。しかも、レーザーが強いために、うすい産毛や難しい鼻の下なども腕のよい人がレーザー照射してくれれば、通う回数が減ります。
さらに、エステサロンの脱毛です。

 

こちらはあまりつよくない光照射となりますので、通う回数が多くなるのですが、ついでにマッサージや、リラクゼーションなど、他のエステメニューもできることです。

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?