鼻の下の毛を脱色するには

鼻の下の毛を脱色するには

鼻の下の毛の脱色を考えたことがありますか?それほど濃い産毛でなければ、剃る必要もないですし、脱色して鼻の下の毛が立たなくなるといいと思いますよね。
鼻の下の毛なら脱色は可能だと思いますが、毛の量によっては、光の加減できらきら輝いて見えて、余計に目立ってしまう可能性もあります。

 

いきなり鼻の下の毛を脱色しないで、腕や脚などでためして大丈夫そうなら、顔専用のもので脱色してはいかがでしょうか?

 

ただ、毛の色がなくなるわけですから、それなりの薬剤が入っています。
それにかぶれたり、肌荒れしたりしたら大変です。脚や腕で問題なかったとしても、顔の肌に使うとダメだったということも考えられます。

 

だから、脱色するにしても、脱色剤はかならず顔専用と記載のあるものを使ってくださいね。
それでも、何も起こらないという保証はありません。数日かぶれたりすることもあるかもしれません。

 

そういう場合には、すばやく皮膚科を受診してくださいね。ただ、顔に使っても良いとかかれている脱色剤でも目の周りは不可があります。
だから、こちらの紹介は鼻の下の毛を脱色する場合を紹介しています。

 

ちなみに、自己処理で一番おすすめなのが、顔専用の電気シェーバーです。自宅で自分の好きな時間に、カンタンに産毛を処理できるのが特徴です。
また、カミソリの刃が直接顔の肌に乗らないというのもお肌をあまり傷つけないメリットといえます。仕事に、遊びに、忙しい女性達にはぴったりですね。

 

もう一度書きますが、電気シェーバーは構造上、刃が直接肌にあたりません。だから、肌への負担が少ないのがメリット。
また、コンパクトなので長期の旅行などにも気軽に持っていけます。大手電気メーカーの顔専用産毛剃りの「フェリエ」なんかが有名ですよね。

 

顔の産毛がなくなると、肌の色が明るくなる、色白になる。などのように、顔の産毛を処理すると、メリットがいっぱいあります。
ファンデーションのノリが変わる。邪魔をしていた産毛がなくなると、ファンデが肌に密着します。お化粧のノリが良くなるだけでなく、化粧崩れがしにくくなります。

 

産毛の処理をすることで、ファンデーションが肌にしっかり密着するので、流行のアイメイクやリップメイクがますますステキになります。ただ、脱色するだけでは、産毛そのものはなくなりませんので、上記のようなメリットはありません。ただ見た目の黒い毛がなくなるだけです。

 

そのかわりに光が当たるときらきら光る可能性があるということです。お肌への負担から考えても、あまり得策だとは思えないですね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?