顔の産毛処理の頻度の基本は2ヶ月に1回

顔の産毛処理の頻度の基本は2ヶ月に1回

顔の産毛処理をサロンやクリニックで行うとき、頻度は概ね2ヶ月に1回となります。これはムダ毛がある程度生えてきて、導火線としての役割を果たせるようになる期間です。

 

まったくムダ毛が生えていない状態では、光やレーザーを照射してもまったく効果がありません。ムダ毛は導火線としての役割があり、ある程度伸びている状態でないと照射しても意味がないのです。

 

ムダ毛を通って毛乳頭を破壊する仕組みなので、ある程度毛が生えてくるまでの期間を考慮すると、2ヶ月に1回が基本となります。

 

顔の産毛処理の頻度は増やせばいいものではなく、大切なのは完了するまでコツコツと受けることです。他の部位よりも処理回数は多くなるので、大体10回程度はかかると考えておきましょう。医療レーザー脱毛で9〜12回程度であり、サロンは2倍くらいが目安となっています。

 

短期間でツルツルにしたい人には、迷わずクリニックでの顔の産毛処理をおすすめします。処理回数が多くなるほど通うのが面倒になるので、やる気を継続させるためにも医療脱毛が適切でしょう。

 

顔のムダ毛処理は特に難易度が高いので、医師や看護師などの医療資格者が施術してくれる医療脱毛が一番安全なのです。

 

 

顔の産毛処理の頻度と産毛の生まれ変わるペース

顔の産毛処理の頻度としては、数週間に1度のペースにして、本人が気になったら処理をするようにします。男性の場合は別ですが、特に女性の場合は、毎日処理をするのは控えて、肌を大切にしながら、数週間して気になれば、ソフトな方法で処理をします。

 

顔の産毛処理は頻繁にするよりも、2週間から3週間ほど期間をあけたほうが、肌にも負担がかからないで済みます。顔の産毛は常に同じ長さで、同じ毛量があるように見えますが、産毛にもヘアサイクルがあり、生まれ変わっています。

 

顔の産毛の生まれ変わりのペースは、およそ20日ほどの周期です。人間は全身に体毛が生えていますが、パーツによって体毛の生え変わるペースは違います。ボディよりも、顔のムダ毛のほうがペースは速く、産毛を処理するにしても、産毛の生まれ変わりに合わせるのは賢い方法です。

 

顔の産毛のシェービングをした日には、カレンダーや手帳にチェックをしておくと、次回の顔剃りの時期の目安をつけやすくなります。女性の場合は顔の産毛を処理するにしても、生理との関係も意識してお手入れをしたほうが良いです。

 

生理前から生理中は、ホルモンバランスも乱れて、皮膚が敏感です。生理が終わればキラキラ期ですから、産毛シェービングにも良い時期です。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?